群馬県の観光やグルメなどあらゆる情報を集めたWebマガジン「ぐんまいん」

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム

【広瀬川】迫力の飛沫をあげる「交水堰」

2017.09.21


糸のまちの歴史を感じる「交水堰」

「交水堰」は広瀬川散策で是非訪れていただきたい場所のひとつです。
弁天通りから広瀬川沿いを少し進むと、突然川が斜面を勢いよく流れ落ちている場所があります。そこが「交水堰」です。これは水位を上げて用水路に取水するための堰だそうです。
名前の由来は、かつてこの場所にあった製糸会社「交水社」の社名からきています。

台風のあとということもあり、水位が上がっていて迫力満点です!

スポンサーリンク

近くで見るとあまりの迫力に少し恐怖すら感じます…

 

萩原朔太郎代表作の一つ『広瀬川』の、「広瀬川白く流れたり…」という表現はこの場所のことだという説もあそうです。
見た目の迫力だけでなく、歴史や文化を感じられる素敵な場所ですね。
夏は川のしぶきで涼しいのか近くのベンチは人気でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ページトップへ